「計画」が崩れた。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、渋野日向子(21)が出場を予定していた米女子ツアー「ホンダLPGAタイランド」(20日開幕)、「HSBC女子チャンピオンズ」(27日開幕)の2試合が中止になった。

 今季初戦は3月5日から始まる国内開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」になる。

 渋野は先月27日からタイで約10日間の合宿を行い、現地の芝や風に慣れ、ホンダLPGAに備えていた。

 合宿といえば、鈴木愛(25)は当初から2月の米ツアー出場は見送り、現在は契約メーカーの施設がある米アリゾナのフェニックスで合宿中。国内開幕戦の2週間前に帰国する。

 世界ランキング11位の渋野は東京五輪の代表入りを熱望している。代表メンバーに選ばれるには今年6月30日時点の世界ランクを基準に算定する「五輪ランキング」の上位60人に入っていなければならない。

 渋野はその時点で同4位の畑岡奈紗(21)に次ぐ日本選手2番手か、世界ランク15位以内なら日の丸を背負えるわけだが、代表入りをより確実なものにするため、タイとシンガポールで行われる米ツアー2試合でポイントを稼ぎ、出場試合のない同13位の鈴木を引き離したいところだった。

 この2大会中止が痛手にならなければいいのだが……。