日本のお家芸種目に追い風になりそうだ。

 国際水泳連盟(FINA)は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月30日から東京アクアティクスセンター(AC)で予定していたアーティスティックスイミング(AS)の東京五輪最終予選の延期を発表。同大会は、新設の五輪会場でのこけら落としだった。FINAでは6月の代替開催を目指しているものの、東京ACでの実施を見送る方針としている。

 AS女王のロシアは、国ぐるみの組織的ドーピングにより4年間の資格停止処分を受けており、東京五輪への出場は微妙な状況だ。個人資格(ロシアからのオリンピック選手)での出場が認められなければ、初のチーム金メダルを目指す日本のライバルは、2012年ロンドン、16年リオと2大会連続銀メダルの中国に絞られる。

 かつて井村雅代現日本代表ヘッドコーチも指導した中国は、伝統的に空中技を武器としている。170センチ超の長身選手を揃え、水中から高く舞い上がるリフト技は、世界一と評価される。これまで日本は、中国が繰り出す華麗な空中技の前に、五輪、世界選手権と通じて銀メダル取りを阻まれてきた。

 ASのリフト技は、いかに水面から天井までの距離感を掴めるかが成否を左右するといわれる。採点では高さが重視されるうえ、高すぎても低すぎても次の演技の流れにも影響するためだ。

 現時点では、東京ACでの五輪最終予選、プレ五輪などの国際大会の開催は厳しい。日本のライバルである中国は、仮に五輪開催が延期されても、東京ACではぶっつけ本番の演技を強いられるだけに、リフトでの苦戦は必至だ。

 今後、日本代表はAS会場での合宿が予定されているだけに、本番では地の利を生かせそうだ。