ヒジや張り手を振り回していた昨日までとは、まるで別人だ。

 結びの一番で朝乃山(26)を下し、2敗をキープした横綱白鵬(35)。前日の正代戦は、張り手にこだわるあまり自滅。テレビの前のファンも、今日はどんな手を使うのか? と興味津々だっただろう。

 それが意外にも、正攻法の速攻相撲。電光石火の鋭い出足で右を差すと、左手をおっつけて朝乃山の右差しを封じる入念さ。そのまま一気に寄り、体勢を崩しながらも押し出した。

 近年は晩節を汚しまくっている平成の大横綱。この相撲を毎回できれば批判の声もやむのだろうが、悲しいかな、今の白鵬にはその体力と気力がない。15日間戦うためには、ヒジや張り手が必須なのだ。

 ある親方は「この日の速攻相撲は、同じ2敗の朝乃山戦が今場所最後のヤマだと踏んだからでしょう」と、こう話す。

「この日の取組後に発表された14日目の相手は同じく2敗の碧山。前頭13枚目なので本来は横綱の対戦相手に組まれないが、優勝争いのために本割を崩した形です。白鵬はそうなるとわかっていたのでしょうね。碧山とは過去21勝1敗。その1敗も休場による不戦敗とあれば、白鵬にとっては安パイ。千秋楽は鶴竜戦が確実視されており、こちらは勝手知ったる同郷横綱ですから。朝乃山には下手なヒジや張り手が逆効果になると考え、残った気力も体力もすべて注ぎ込んだ速攻に賭けたのではないか」

 賜杯争いとは別に、白鵬はまだまだ朝乃山に負けられない理由もある。両者ともに右四つを得意とするタイプ。朝乃山がかつて「四つ相撲の代表になりたい」と話したとき、白鵬は「もうなったでしょ」と発言。事実上の後継者と認めていた。

 その相手に負けようものなら、いよいよメシの食い上げ。世代交代待ったなしだ。

 前日に続いて無言で会場を引き揚げた白鵬。賜杯は手にしたも同然か。