新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、日本人メジャーリーガーが練習を再開した。

 23日(日本時間24日)にはマリナーズ・菊池雄星(28)が、アリゾナ州スコッツデールの公園などで約1週間ぶりに体を動かした。

 MLBでは今月26日の開幕を延期し、各球団はキャンプ地や本拠地の施設を閉鎖した。米国外出身選手は一時帰国を許可されたものの、日本人選手で米国からの出国を検討しているのはレイズ・筒香、ブルージェイズ・山口ぐらい。エンゼルス・大谷、ヤンキース・田中、カブス・ダルビッシュらは菊池のようにキャンプ地や自宅周辺の公共施設を利用して汗を流しているのが現状だ。

 大谷は航空機での移動による感染を避けるため、本拠地アナハイムでの調整を決めたそうだが、米国滞在もリスクはつきまとう。

 米政府は国家非常事態を宣言。感染が拡大するニューヨーク市ではロックダウン(外出制限)を発令した。外出はままならず、ストレスを抱えた住民は少なくない。銃社会の米国では、無差別に人を殺傷する乱射事件が後を絶たず、多くの加害者は凶行に及んだ原因として、被害妄想を抱いたり、何らかのストレスに悩まされていたことが調査結果で判明している。

 ここにきて、米国内で銃や弾薬を買い求める市民が急増しているのは、食料や日用品のパニック買いが行われ、略奪行為や暴動に備えるためだ。コロナウイルス感染への恐怖、生活必需品の品薄状態が続き、情緒不安定に陥った一般市民による銃乱射や暴動が、いつ起きてもおかしくはない。米国で調整を続ける日本人メジャーリーガーでも巻き込まれる可能性は否定できない。

 ドミニカ共和国などの中南米出身選手の多くは、米国内での不測の事態を避けるため、すでに帰国している。レイズの筒香(28)が滞在していたフロリダ州から緊急帰国することが25日に報じられたが、密閉された機内での感染リスクを冒してでも、日本人選手も米国より治安の良い日本に早く戻った方がいい。それが凶弾から身を守ることにもなる。