巨人の戸郷翔征(19)が快投を披露した。

 25日、中日との練習試合に先発。4連続を含む7三振を奪い、4回1安打無失点。高卒2年目が開幕ローテーション入りを猛アピールした。

 昨年9月、球団として17年ぶりに高卒新人初勝利を挙げた。宮本投手チーフコーチは、ブルージェイズへ移籍した昨季15勝の山口俊の穴を埋める有望株として、戸郷の名前を挙げている。当然、原監督の期待も大きい。

 前日に東京五輪の1年程度の延期が決定した。NPB関係者は「もし今季、戸郷が2ケタ勝利でも挙げることになれば、今年7月の通常開催なら難しかったであろう侍ジャパン入りも見えてくる。なにしろ、他にいないタイプの大型変則右腕。“秘密兵器”となり得る能力を秘めています」と言う。1年間の猶予期間は、少なくても19歳には追い風となる。

 4番の岡本和真(23)もしかりである。オープン戦は打率・356、3本塁打と好調。「今年は爆発の予感がある」と評論家は口を揃える。原監督も「非常にいい状態。迷いがない」と目を細めているほどだが、通常開催なら、侍ジャパンのメンバー入り自体が当落線上だった。

「侍の4番は広島・鈴木誠也(25)でほぼ決まりでしたが、1年延期したことで『誠也VS岡本』の主砲争いが激しくなりそうです」(前出のNPB関係者)

 三塁の常連でもあるソフトバンク・松田宣浩(36)は来年5月に38歳になることから、代表入りは年齢的に厳しくなりそう。岡本にとっては有利な条件が揃う。

 一方で「目指してやってきているだけに(延期は)残念」と表情を曇らせた菅野智之(30)、坂本勇人(31)の主力陣は気が抜けない1年になる。まだ老け込む年齢ではないものの、伸び盛りの年齢でもない。菅野は今年オフにメジャー挑戦か否かの判断を下すことになりそうだが、故障などのリスクを避けながら、今年の過密日程を戦い、来年に備えなければならない。

 上り調子の若い2人以上に、細心の注意が必要になる。