気持ちはよく分かる。

 25日に行われた西武ホールディングス(HD)の株主総会で、株主のひとりから「松坂を早急に使ってほしい」と要望が出たという。

 松坂は今季から14年ぶりに古巣に復帰。ファンが「西武のユニフォームで再びマウンドに立つ姿が見たい」と思うのは無理もない。しかし、まだ実戦登板のメドが立っていないのも事実だ。7日の練習試合では1イニングを無失点に抑えたとはいえ、直球はMAX137キロ。その後は二軍戦でも投げていない。春先に注射を打った右ヒザの状態が思わしくなく、辻監督も「故障明けだから」と、現時点では戦力として計算できない状況だ。

 球団OBが言う。

「株主やファンの思いを外部の声だとバカにできないところはある。例えば、阪神は株主総会のたびにチームに対する苦情が噴出し、球団や現場が右往左往する。楽天はかつて、その日の試合のスタメンをオーナーが決めていたなんて言われた。野球を知らない人間に現場が振り回されるということが実際にあったりするけど、西武は居郷球団社長もプリンスホテルの野球部出身。渡辺GMは言わずとしれた監督経験者。親会社の"天の声"があったとしても、無茶な要求が現場に通ることはあり得ない」

 松坂は客が呼べる選手だが、幸い西武の観客動員数は2014年から右肩上がり。昨季は05年の実数発表後、最多となる182万1519人を動員した。松坂の起用に忖度が入り込む余地はないということだ。