武田薫【スポーツ時々放談】

 テニス界はちゃぶ台をひっくり返したような騒ぎだ。世界ナンバーワンのノバク・ジョコビッチが新型コロナウイルス検査で陽性と判明。パンデミック後を模索するスポーツ界への衝撃は大きく、来年の東京五輪も影響を免れない。

 全米オープン(8月31日〜、ニューヨーク)が、条件付きで開催を発表したばかりだった。コロナ禍後初めての国際イベントは、事前検査、観客なし、予選なし、ダブルスの規模半減、線審なしのビデオ判定で、切り札は選手の行動制限だ。

 会場はJFK空港と同様、マンハッタン島とハドソン川を隔てた対岸にある。JFK空港のホテルを借り切って、選手を会場と宿舎を結ぶ“全米オープンワールド”に封じ込め、そこから出たら再検査という妙案……その直後に頭の痛いニュースが飛び込んできた。

 収束に向かっていたヨーロッパでは、既にエキシビション大会が開かれていた。その一つ、ジョコビッチがバルカン半島で展開したアドリアツアーからコロナ陽性者が出た。まずは、かつてのシャラポワの恋人でベビー・フェデラーと呼ばれたディミトロフ、次に対戦相手のチョリッチ、トロイツキ、さらにジョコビッチのコーチとトレーナーも陽性でツアーは頓挫。23日には主役のジョコビッチ夫妻にまで“アウト”が宣告された。

 テニスは密集競技ではない。ただ、チャリティーだったアドリアツアーは観客を入れ、すし詰めノーマスクの大盛況。選手も夜の街の打ち上げでは歌え踊れの大はしゃぎ……刺激に飢えていたのだろうが、誰もが日本人のように“民度が高い”わけではなく、こうした解放感や一体感がスポーツの醍醐味でもある。

 全米開催の最終決断を下したのはクオモ州知事だった。地元の意思はそれほど重要なカギを握るのに、オリンピック開催地である東京都知事選で五輪問題に明確な見解を表明しているのは〈中止〉を叫ぶ山本太郎氏だけ。再延長とか専門家に聞くとか、どれも論点をぼかしている。

■テニス全米OPの無観客に莫大な放映権料の後ろ盾

 小池知事は「簡素化」と言うが、IOCがほのめかしている簡素化は無観客で、そうでなくとも、当初期待した数百万の客をおもてなしできないことは目に見えている。

 全米の無観客は、地元ESPNの放映権料8000万ドル(賞金は総額5300万ドル)という後ろ盾があるから。オリンピックの放映権は東京ではなくIOCが持っているから、東京はさらに莫大な赤字を抱え込む覚悟がいる。小池知事が「それでもやります」と言わないのは都民を欺くに等しいだろう。スポーツの門出にそこまでの犠牲を払うのか。財務大臣も「呪われたオリンピック」と言うだけでは済まないはずだ。

(武田薫/スポーツライター)