阪神は26日のDeNA戦で0―6の完封負け。開幕から1勝6敗の借金5は、オリックスと並ぶ12球団ワーストという体たらくである。

 矢野監督はこの日、打率・091と不振が続く新外国人のボーア(32)を今季初めてスタメンから外した。相手先発は左腕の今永。苦手とする左腕だったことなど総合的に判断したという。そのボーアは九回、右腕パットンの場面で代打起用されたが、左飛に倒れた。

 貧打は深刻だ。今季の1試合平均得点は12球団ワーストの1・43。チーム打率も同ワーストの・193だ。2・75億円の高年俸で獲得した新助っ人がまるっきり打てず、開幕7戦目にして早くもスタメン落ち。貧打の象徴のようになっているが、ボーア以外にも福留(・095)や、近本(・138)もからっきしだ。

「4番不在を解消する切り札として獲得したボーアを、たったの2試合で4番から外し、この日はスタメン落ちさせた。阪神は近年、野手助っ人の失敗が続いているとはいえ、あまりにも見切りが早い。捕手を毎試合のようにコロコロ変えたり、継投もハマらなかったり、矢野監督の用兵に一番問題がある」(阪神OB)

 浮上の兆しが一向に見えない。