池田駿(27)との交換トレードで巨人に加入することになったゼラス・ウィーラー(33)。楽天では外国人枠争いに敗れ、開幕から二軍生活を送っていた。出場機会を求めていたというが、原監督は「うちもレベルの低いチームではない」と競争を強調。「今年は枠が5人という部分でいい補強。ポジションは一塁か左翼」としている。

 外国人選手のベンチ入りは従来通り4人までだが、今季は新型コロナウイルスの影響を考えた特別措置として、最大5人まで出場登録ができることになった。巨人はセットアッパーのビエイラが開幕2戦目に2四球を与え、即二軍落ちとなったことで、一軍在籍の助っ人は現在4人。せっかくの「1枠増」を使いきれていなかった。ウィーラーはコンディション次第では、すぐに一軍に呼ばれる可能性もある。先発投手2人、抑え投手1人、仮にウィーラーが入って野手2人なら、5人の助っ人が一軍で共存できる。先発2人が同時にベンチに入ることはないからだ。

「楽天時代のように二軍に落ちる可能性は少ないかもしれない。外国人枠が空いている以上、よっぽど状態が悪くない限り、最低でも右の代打要員として一軍にいられる。開幕一塁で来月38歳を迎える中島の調子が落ちてきた時の代役、同じく来月38歳になる開幕左翼・亀井のサポートも兼ねることになるが、原監督とすれば、右の代打の切り札になってくれればいいという期待度です」(チーム関係者)

 とはいえ、ウィーラーの今季の年俸は2億円。FA組の陽岱鋼(33)も同3億円ながら、スタメンは対左投手に限られ、代打要員という形が続く。ウィーラーと2人の年俸を合わせると計5億円。某セ球団のチーム関係者がこう言う。

「コロナの影響で試合数減、無観客試合など、球団収入は大幅減で、12球団の経営はかなりシビアな状態のはず。それなのに、巨人は使うかも分からない助っ人にポンと2億円を出すんだから、やってられません」

 他球団のため息が聞こえてくる。