【元高卒ドラ1の今季を占う】

 中日 根尾昂(20歳・2年目・18年1位)

  ◇  ◇  ◇

 開幕一軍入りは逃したが、二軍では6月26日時点で打率・313をマーク。好調な滑り出しを見せている。「ただ、一軍でブレークするのは早くて2〜3年後でしょう」とは、中日OB。

「一軍で通用するための守備力を身につける必要がある。昨季は送球難に苦しんでいましたから。ただ、成長の兆しもある。外野挑戦していた根尾は今季、二塁での出場が続いている。外野挑戦は出場機会を増やすことが目的だったが、仁村二軍監督は、『外野だと集中力が途切れがちで打撃のこととかいろいろ考えてしまう。二塁は動きが多く、守りに集中できる』と、二塁中心に内野手として足場を固める方針。根尾は練習熱心である一方で、いろいろと考え込んでしまうタイプ。考える前に動くという習慣を身につける上でも、内野専念はプラスです」

 中日では、正三塁手の高橋(11年1位)が新人時代から一、二軍を行ったり来たりするなど、土台づくりに時間がかかり、一軍に定着したのは7年目の18年だった。

「中日は将来の大砲候補にもバントを教え込むなど、小さくまとまるケースもあったり、監督が交代するたびに育成方針が変わるなど、一貫性がなかったりした。与田監督は若手をじっくり大きく育てようとしている。無理に一軍で使うより、二軍で土台づくりをした方がかえって、成長速度が上がると考えているようです」(前出のOB)

 急がば回れ、である。