満面の笑み、というわけにはいかなかった。

 広島のドラ1右腕、森下暢仁(22=明大)が28日の中日戦でプロ初勝利。無失点のまま上がった九回のマウンドで1死から3点を失い、完封どころか、完投まで逃しただけに、「終わり方が悪いんですが、勝ててホッとしている。(完封を)したいと思ったけど、このような結果です」と、悔しさが先に立った。

 試合は七回までに10―0と一方的な展開。森下には七回と九回に打順が回ってきたものの、佐々岡新監督は代打を送らずに、そのまま打席に立たせた。同じ背番号18を背負う新人右腕に、プロ初勝利を完封で飾らせてやろうという親心だったのだろうが、球数は136球に達し、九回2死からフランスアのリリーフを仰ぐことになった。

「森下のドラフト1位指名は佐々岡監督たっての希望で実現した。背番号も、自らが現役時代につけた『18』を継がせたいと球団に願い出たほどで、ことさら目をかけているのは事実です。ただ、プロ2試合目の新人を、しかも、コロナ禍で満足な調整ができなかった状況で、結果的に130球超も投げさせたのは、単なる親心だけではなく、リリーフ投手への不安があるのかもしれません」(地元マスコミ関係者)

 広島は救援陣に不安を抱え、開幕3戦目でいきなり新守護神のスコットでサヨナラ負けを喫している。その試合の先発がプロ初登板となった森下で、7回無失点の好投をフイにされた。エースの大瀬良は開幕戦を116球で完投すると、続く26日の中日戦も132球の完投勝利と早くもフル回転だ。脆弱な救援陣をカバーするため、ローテーションの中心投手には、少しでも長いイニングを投げてもらいたい――というのが佐々岡監督の考えで、当然、森下にもそうなって欲しい。

 今後の森下には、完封はともかく、完投のチャンスはいくらでもありそうだ。