【アース・モンダミンカップ】最終日

 1702日ぶりの復活劇だった。

 コロナ感染拡大防止のため大会中止が相次いだ女子ツアーは、当初のスケジュールから3カ月半遅れで開幕。その今季初戦で、渡邉彩香(26)が実に5年ぶりとなるツアー4勝目を挙げた。ともに通算7アンダー・4位タイ発進の鈴木愛(26)と同じ68で回り、通算11アンダー首位タイに並んでホールアウト。プレーオフの1ホール目にバーディーを奪い、早々に決着をつけた。

「渡邉のようにドライバーは飛ぶけど、方向性に難のある選手にとって、不安を払拭するにはもってこいの会場です。ホールは林でセパレートされているものの、ネット中継で見るよりも実際のホール幅はかなり広い。選手はスイングに悩まずに済むレイアウトです。コロナ禍で半年近く試合がなく、プレッシャーのない練習ラウンドがたっぷりできたのも渡邉にはよかったでしょう」(小野寺誠プロ)

 ホールアウト後に「ここ2、3年は苦しかったので……」と涙をにじませ言葉に詰まった渡邉の最後の優勝は2015年11月の樋口久子Pontaレディス。ここまで何があったのか?

■「飛ぶけど曲がる」が飛距離まで

 2012年にプロテストに合格すると、卓越したドライバー飛距離を武器に翌13年から5年連続で賞金シードをキープ。14年に初優勝を果たし、翌15年は2勝と勢いがあった。

 しかし、18年に賞金シードを逃し、昨年は30試合に出場して予選落ち23回、賞金ランク115位と低迷。得意のドライバー飛距離と正確性は、女子プロ協会がデータを取りだした17年が251・10ヤード(ランク6位)、FWキープ率93位。18年は252・11ヤード(同4位)、FWキープ率95位。「飛ぶけど曲がる」が欠点だった。

 ところが昨年は、238・19ヤード(同42位)、FWキープ率97位と、武器の飛距離まで失い、ドン底に落ちた。

雑音とプロコーチ

「もともとフェードヒッターですが、プロアマで協会幹部と一緒に回ると、その幹部から『あなた、アドレスが左を向き過ぎよ』とスイングに注文がつく。また、強くなって有名になると、試合会場に出入りするプロコーチと呼ばれる連中が近寄ってきて、あれやこれやとスイングに口を出してくる。そのうちに、自分のスタイルを見失い、昔のフェードボールで飛ばしていた頃の輝きを失っていった」(ゴルフ記者)

 最終日は本戦、プレーオフとも18番ティーでは右サイドにティーアップして、持ち球のスライスボールで攻めた。インパクト後にボールが左に飛び出し、キャディーが「右に曲がれ」と言ったことでもわかる。強かった時と同じスライス系の弾道だった。

 ジュニア時代から渡邉を指導していた石井明義プロがこう言う。

「ドライバーがひどかった時はインサイド気味に上げて、14ホール中、4、5回しかフェアウエーに行かなかった。フェードを打とうとしてもボールがつかまらず、つかまえようとしているうちにフックボールが出るようになった。そしてダウンでの切り返しでタメがなくなり、安定感がなくなってしまいました。今はドライバーの球筋が一つになって、いいスイングになった。あのゴルフができれば当分の間は大丈夫でしょう」

■フェードを決断

 持ち味のドライバーが「気持ちよく打てなかったことが不調の要因だった」という渡邉は、「やっぱりフェードじゃないとダメ」と決断。昨秋から中島規雅コーチの教えで、「オフはどんな状況でも左へ出して右へ曲げるフェードボールを徹底的に練習した」という。

 スイングを変えて、元に戻るまでに2、3年かかり、4勝目まで遠回りをした。女子プロは近年、森田理香子、諸見里しのぶなど、トップに立ちながらスイングをいじって消えていった女子プロも少なくない。

 渡邉が再びツアーで輝き続けるには、球筋をあれこれ欲張らず、今のスイングを固めることが何よりも大事だろう。