米プロバスケットボールNBAワシントン・ウィザーズの八村塁(22)への期待が高まっている。

 トミー・シェパードGMは29日(日本時間30日)、オンライン会見し、7月30日(同8月1日=フロリダ州オーランド)に再開するシーズンについて「(再開後に予定される)8試合を戦えるのは若手にとってチャンス。塁は(昨年12月に)デトロイトで負傷(鼠径部)から復帰して活躍した。今回も同様の働きを期待したい」と話した。

 NBAは3月に新型コロナウイルスの感染者を出して早々とシーズンを中断。再開するシーズンにはイースタン、ウェスタンの両リーグからプレーオフ進出の可能性を残す22チームのみが参加。各チームとも7月9日(同10日)からキャンプを行い、プレーオフ進出争いに備える。

 2017−18シーズン以来2季ぶりのプレーオフ進出を目指すウィザーズの命運は、日本人ルーキーの働きにもかかっている。今季、54試合に出場し、1試合平均15.4得点をマークしているラトビア人センターのベルターンス(27)が、膝に不安を抱えているため再開するシーズンへの不参加を表明。同選手が務めるセンターは攻守にわたる大黒柱の位置付け。「ラトビアンレーザー」の異名を持つベルターンスの欠場は痛手だが、その穴埋めを八村が任される可能性もあるのだ。

 八村の本職はフォワードながら、ブルックス・ヘッドコーチからオールラウンドな能力を高く評価され、今季はセンターでスタメン起用された。12月3日のマジック戦では15得点、6リバウンド、4アシストとまずまずの結果を残している。中断中には、ベルターンスが得意としている3点シュートのレベルアップにも努め、コーチ陣からは及第点を得た。

 ウィザーズのプレーオフ進出は八村の八面六臂の働きにもかかっている。