新顔の初安打にベンチが沸いた。

 先月25日に楽天から巨人に移籍したばかりのウィーラー(33)が30日、チームに合流。即、DeNA戦に「7番・左翼」でスタメン出場し、五回の2打席目に左前へ今季初安打を放った。

「うちにはいないタイプの選手で、日本の野球も理解している。やる気に満ち、準備もしっかりできているということで、スタメン起用しました」

 新助っ人の巨人デビューをそう喜んだ原監督とは、この日の試合前に東京ドームで初対面。フリー打撃では豪快な柵越えを連発し、ナインの視線をくぎ付けにした。見守った原監督は、「やる気満々。水を得た“フィッシュ”のごとく、という感じ」と独特の言い回しで即スタメンを決断。本職は三塁で、左翼での起用を不安視する声がチーム内にはあったが、楽天関係者がこう言った。

「コロッとした体形から“守備は不得手”というイメージがあるのでしょうが、確かに一塁守備はお世辞にもうまいとは言えないものの、外野は案外、見ていられますよ。肩も強いですしね。それより、問題は打撃でしょう。昨年は打率が2割4分台(・243)。6月と7月の月間打率は1割台に低迷した。17年に31本塁打をマークした長打力にも衰えが見え始めて(18年=15本塁打、19年=19本塁打)、うちではブラッシュ、ロメロとの外国人枠争いに敗れ、二軍暮らしだったんですから」

■高給取りなのに倹約家 大量のポイントカード

 DeNAのラミレス監督はかつて、巨人で「4番・左翼」だった。守備に難があったが、第74代の4番としてバットでチームを引っ張った。前出の楽天関係者は「左翼の守備はウィーラーの方が上かもしれないが、打撃を比べたらラミレス監督に失礼」とこう続ける。

「でも、性格はいいですよ。いつも明るいムードメーカー。年俸2億円の高給取りなのに、ポイントカードを大量に持ち歩く倹約家でもあります」

 チームは逆転勝利で首位を快走。試合後に行われた入団会見では「最善を尽くして、優勝できるよう貢献したい」と上機嫌だったウィーラーだが、打撃については、過度な期待は禁物のようである。