大相撲夏場所が19日、東京の両国国技館で始まる。新型コロナウイルスのため、本来なら名古屋での7月場所の開催を国技館に移し、1万1000人収容のところを2500人の観客に限定する。まさに異例の開催である。異例といえば出稽古も禁止、本場所の間に行われる地方巡業も中止になっている。いずれも移動による感染を防止するためだ。

 日本相撲協会にとって巡業は相撲道を広め、地方のファンを開拓する場だが、力士にとっては息抜きの機会でもある。全国各地でタニマチに歓迎され、郷土のうまい酒、料理をふるまわれる。

 先代貴乃花(2005年死去、享年55歳)が大関(1972年11月〜1981年1月)として人気を博していたときのことだ。所属する花籠部屋が、四国のある都市に巡業に訪れた。ある日、有名な日本料理店に町で1、2を争うクラブのママが訪ねてきた。その店は親方、関取がひいきにしていることで知られていた。ママは店の経営者にこう切り出した。

「貴乃花関とひとばんお付き合いをしたいの。いくら出したらいいのかしら?」

 あまりの唐突な申し出に経営者は返事に窮した。逆のケースならともかく、いくらと言われても見当もつかない。頭を抱えたが、ママとは知らない仲ではない。日頃、店を使ってくれる大事なお客でもある。さんざん考えた挙句、経営者はママに聞いた。

「いくらくらいなら出せるの?」

「30万円なら」

 当時の30万円は今なら100万円。いや、もっと多いか。

 経営者は翌日、花籠部屋の宿泊先に貴乃花を訪ねた。どう話を切り出したのか、2人は会ったのか。後日、経営者に聞いたが、花籠部屋は間もなく次の巡業先に移動。結果は聞けず仕舞いに終わったとそうだ。

 巡業中止に力士の落胆は大きい。

▽富岡二郎(スポーツジャーナリスト)1949年生まれ。東京都出身。雑誌記者を経て新聞社でスポーツ、特にプロ野球を担当。