そんなに騒ぎ立てることなのか。

 東京五輪男子競泳陣のエース、瀬戸大也(26)の不倫行為を24日発売の週刊新潮が報じ、テレビのワイドショーやスポーツ紙が大きく取り上げた。瀬戸本人は事実を認め、マネジメント会社を通じて、ファン、関係者、スポンサーに謝罪。元飛び込み日本代表で2017年5月に結婚した優佳夫人(25)も同時に謝罪のコメントを出したが、果たして大騒ぎするほどの問題なのか。

 16年リオ五輪の400メートル個人メドレーで銅メダルの瀬戸は、世界水泳などの国際大会で何度も金メダルを獲得。東京五輪でも金メダル候補である。

■泳ぎが速いだけ

 しかし、瀬戸は競泳選手として秀でた能力を有しているにすぎず一般人の「手本」になるために泳いでいるわけではない。ファンやマスコミは五輪メダルを期待しても、倫理や社会常識を求めるのは違うのではないか。

「そう思いますね」というのは、スポーツファンの吉川潮氏(作家)だ。

「家庭的なイメージを売りにしている芸能人夫婦がCMに出て、一方が不倫をすれば、彼らは人気商売ですからそれは裏切り行為になる。スポーツ選手は実力の世界。競泳選手なら、人気があろうが、なかろうがタイムを出し、世界のトップに立てば認められる。そもそも不倫は家庭問題で犯罪ではない。行為がバレてスポンサーにすまないと思えば、企業に対して謝ればいい。契約を切られるケースがあっても、大人ですからそれぐらいのリスクは承知で遊んでいるはずです。不倫がマスコミに取り上げられたからといって、世間に頭を下げることはないし、夫人まで謝罪するのはおかしい。大会も欠場することはないですよ」

 ちなみに、東京五輪オフィシャルスポンサーである「味の素」のCMで共演している瀬戸夫婦のテレビCM動画は24日、同社の公式サイトから削除された。

 スポンサーといえば、瀬戸の所属はANA(全日空)だ。17年4月から4年契約で、年間1億円以上の条件といわれている。

「知名度もカネもあり、高級車を乗り回す。女性が寄ってくるのもわかります。マスコミに不倫を取り上げられるのは自業自得とも言えますが、犯罪者でもないのに競技以外のことで、あれこれいわれるのは同情の余地もある。あくまでもスポーツ選手ですから」(前出の吉川氏)

 かつて不倫で離婚し、セックス依存症を告白したゴルフのタイガー・ウッズが今もファンに愛され続けているのは、ゴルフとプライベート問題を切り離しているからだろう。アスリートにモラルを求めるのは八百屋で魚だ。