■トミー・ジョン手術者はすでに9人

 これもコロナ禍の影響か。開幕が約3カ月延期となった今年、公表されているだけですでに、9人もの投手がトミー・ジョン手術(肘の内側側副靱帯再建術)を受けているのだ。

 開幕前に手術に踏み切った投手が4人、開幕後に手術をした投手はロッテの種市(9月14日)、広島の戸田(7月15日)など5人。開幕前に手術をした投手の中には、開幕が6月にズレ込んだことで、早い段階で来季を見据えてメスを入れたケースもあるだろうが、今年は3カ月強を残し、すでに例年よりも多くの投手が肘にメスを入れている(2019年5人、18年2人、17年4人=日刊ゲンダイ調べ)。

 広島の大瀬良やロッテの田中のように肘の遊離体、いわゆる「ネズミ」が原因で手術した投手や、肘の炎症、違和感で離脱した投手も複数いる。

 さらに、開幕から連勝街道を走っていた巨人の菅野や楽天の涌井も、少なからず、投球に陰りが見え始めている。

 菅野は直近2試合の登板でそれぞれ3失点。22日の広島戦では七回にこの日最速となる156キロをマークするなど、スタミナを見せつけたが、9月15日の阪神戦では開幕11連勝を達成したものの近本に2打席連続本塁打を浴び、試合後には「今日はあまり体調がよくなかった」とコメントした。

 23日のロッテ戦で8月19日以来の9勝目をマークした涌井は、9日のソフトバンク戦で5回8失点と打ち込まれると、16日のオリックス戦では試合途中に左足がつりそうになり、六回で降板した。

 1996年から2002年まで中日のチームドクターを務めた亀戸佐藤のり子クリニック院長の佐藤のり子氏は、こう指摘する。

「3月にコロナ禍によってチーム活動を自粛。選手たちは『3密』を避けるため、全体練習ができない時期があった。6月19日に開幕するにあたり練習試合の機会も少ないまま、シーズンに突入した。過密日程で投手のやりくりが難しい上に、例年とは違う調整を強いられたことで、特に投手は多くの損傷を被っている可能性があります」

 今季開幕前の練習試合は各球団で10〜12試合。先発投手の登板機会は2度ほどしかなかった。

 メジャーは公式戦を60試合に大幅縮小した一方で、日本は6月19日から5カ月で120試合の強行日程を戦うことになった。

 首脳陣は故障防止のために例年以上に休養を与えるなどの配慮はしているが、選手は今季の年俸を保証されている分、無理をおしてプレーするしかない状況になった。

前腕が張る

 実際、投手からは「前腕が張りやすい」と訴える声が少なくない。パ球団のトレーナーがこう言う。

「湿度が高く、雨が多い梅雨の時期に開幕したのが原因とみています。過密日程の中で試合消化が優先され、雨中の試合も少なくない。投手は乾燥している春先から徐々にボールを指に馴染ませていくものですが、特に開幕からしばらくの間、投手はボールが滑ったり抜けたりしないよう、普段よりも強く球を握り、普段よりもより力を入れて腕を振るなど、かなりの神経を使って投げていました。練習、実戦不足で万全な状態で開幕を迎えることができなかったのに、いざ試合となるとアドレナリンが出る。思ったより球がいかず、必要以上に力が入る。試合数は120試合と少ないですが、間違いなく投手は例年以上の負担を強いられています」

 メディカルトリート代々木治療室院長でスポーツ障害が専門の若月順氏が言う。

「指や手首に力が入れば、前腕から肘にかけての筋肉である屈筋群に負担がかかる。屈筋群は肘の内側から出ている筋肉で、手首を曲げる動作をつかさどる。手首にある2本の腱は肘の内側に向かっています。また、肘の外側にある回内筋は、前腕全体を内側に曲げる筋肉。投手は腕を振り切る際に使うため、ここも例年以上に疲労がたまりやすいでしょう。これら、肘にとって重要な筋肉のパフォーマンスが落ちた状態で投げ続ければ、肘の内側にある靱帯に負担がかかり、故障につながる可能性が考えられます」

■来季にも影響

 過度な負担によって疲労が蓄積すれば、来季にも影響を及ぼしかねない。前出の若月氏が続ける。

「ただでさえコロナ禍の終息が見通せず、来季以降のチームの活動をきちんとできるかどうかは不透明です。今季終了は開幕が延期されたことで11月までずれ込む。仮に予定通り来年2月にキャンプがスタートすれば、肩肘を休める期間が短くなる。これは野手にも言えることですが、コンディションを整えるのが難しい上に、若手選手の技術練習の量もどうしても少なくなることで成長の妨げになるかもしれません」

 コロナ禍がじわじわと投手をむしばんでいることは間違いない。