巨人が天理大の148キロ左腕・森浦大輔投手(4年=天理)と、すでに1位指名を決めている近大・佐藤輝明を抽選で外した場合は、明石商・来田涼斗外野手(3年)を指名候補に入れていることが23日、分かった。

 森浦は天理高時代、1年夏からベンチ入り。2年春に甲子園の舞台に立った。天理大では1年春からリーグ戦に登板し、MVPを獲得。全日本大学野球選手権2回戦で16奪三振の完投勝利を挙げ、3年で大学日本代表候補に選ばれた。関西大学ナンバーワン左腕の呼び声が高く、阪神大学野球の秋季リーグ戦は4勝1敗の好成績で有終の美を飾った。175センチ、71キロの細身の体格ながら、球の出どころが見えにくいフォームから繰り出すスライダー、チェンジアップを武器とする。

 巨人が密着マークを続けている。ある球団のスカウトがこう言う。

「もともと『2位縛り』(1、2位までならプロ入り。3位以下なら西日本にある社会人入り)の選手でした。それが先日、3位以下でもプロ入りしたいと社会人チームに断りを入れたそうです。巨人は水野さん(巡回投手コーチ=スカウト兼務)などが熱心に見に来ていて、3位以下で指名したい思惑があるんじゃないか。ただし、ソフトバンクなども上位候補に挙げているという情報があるので、2〜4位の駆け引きになりそうです」

来田も将来的にトリプルスリーが狙える

 佐藤を外した場合、左の強打者・来田の指名に踏み切る。

 180センチ、85キロ。右投げ左打ちの大型外野手で明石商では1年春からベンチ入り。1年夏から春夏計4度、甲子園に出場した。甲子園通算10試合で39打数14安打9打点3本塁打。打率・359の成績を残した。

「佐藤もそうだけど、来田も将来的にトリプルスリーが狙える走攻守3拍子揃った左の強打者。こちらは『3位縛り』で4位以下なら東日本にある社会人入りが決まっている。巨人はできれば3位で指名したい思惑がありそうです」(前出のスカウト)