ダイヤモンドに金色の紙吹雪が舞った。

 27日、宿敵ロッテを下し、2017年以来3年ぶりのリーグ優勝を果たしたソフトバンク。先発の和田毅が6回3安打無失点に抑えると、打線も女房役の甲斐拓也が2ランを含む2安打3打点と活躍した。

 新型コロナウイルスの影響で恒例の胴上げはなし。それでも工藤公康監督(57)は笑顔を絶やさず、「今日がダメでも明日はまた新しい一日がくる。その思いでこの一年間やってきた。しっかり反省し、準備し、ホークスらしい野球ができた」と今季を振り返った。

 優勝の要因のひとつに挙げられるのが若手の躍進だ。中でも目覚ましい成長を遂げたのは周東佑京(24)と栗原陵矢(24)。球界トップクラスの快足を誇る周東はリーグトップの46盗塁もさることながら、課題の打撃は昨季の打率・196から今季は・273と改善。足とバットでチームに貢献した。

 栗原は開幕前の練習試合で状態の上がらないベテランの内川聖一(38)に代わって開幕一軍に抜擢。当初は1番打者としてヒットを量産し、現在は打率・244でも得点圏では3割以上と勝負強さを発揮した。

 球団スタッフが言う。

「開幕前、球団としては『周東は今季も代走メイン、栗原はブレークするきっかけを掴んでくれたら』という程度の期待だった。一軍の戦力として計算していなかっただけに、うれしい誤算です。今季はコロナもあり、例年以上に厳しいシーズン。連戦続きで9月4日以降は8週連続で金曜が移動ゲーム。休む暇もなかった。その点、若い選手は体力もあるし、一軍で結果を出し続けていればアドレナリン全開。疲労を感じにくく、さらに休む暇がないからこそ、気持ちが途切れずに集中力が続いたのかもしれない」

最後まで内川を二軍で塩漬け

 若手が台頭する一方、工藤監督が“非情”に徹したのが内川の扱いだ。今季は横浜時代の03年以来となる開幕二軍。ファームで3割以上を打ちながら、一軍には一度も呼ばれず、優勝とは無縁のシーズンを送った。

 そんな扱いにしびれを切らしたのか、内川は球団に退団の意向を申し入れ、今季限りで退団することが27日、決定的になった。今後は現役続行を目指し移籍先を探すという。

 ホークスOBが言う。「内川は一塁とDHが専門。つぶしが利かず、無理に起用すれば結局、割を食うのは若手です。代打専門だとしても、内川が出塁すれば代走が必要になる。この時点でベンチから2人いなくなるわけで、コスパが悪い」

 そうはいっても、内川は年俸2億5000万円の大ベテラン。リーダーシップもあり、その経験と勝負勘は何ものにも代えがたい。不振が続いたのならまだしも、復調して二軍ではしっかり結果を出していた。そんな選手を二軍で塩漬けするのはためらうのが普通だ。

 前出のOBは「すでに後が控えていますからね」と、こう続ける。

「球団としては14年まで指揮を執っていた秋山前監督を再登板させたい。当時は日本一を達成しながら、家庭の事情で退団。あれから数年経ち、現在は本人も復帰に意欲を燃やしている。昨季のV逸直後に、工藤監督の解任が検討されたほどです。しかし、工藤監督が3年連続で日本一となったことで、秋山監督招聘構想はいったん棚上げ。さすがに日本一監督をクビにするのは体裁が悪い。工藤監督も自身の置かれている状況がわかっているので、とにかく結果を出すしかなかった」

 工藤監督は来季までの2年契約だが、この世界は契約年数などあってなきがごとし。連続Vを目指し、ひたすら突っ走るしかない。