3年ぶりにリーグ優勝を決めたソフトバンクの内川聖一(38)が、今季限りで退団することが決定的となった。

 今季は一軍登録がなく、このまま一軍出場なしに終われば、プロ20年目で初となる。現役最多の通算2171安打。来季は他球団での現役続行を視野に入れているという。

 大分工から2000年のドラフト1位で横浜に入団。11年にソフトバンクにFA移籍し、大黒柱として昨季まで4度のリーグ優勝、6度の日本一に貢献した。今季はオープン戦から若手の台頭もあり、移籍後初の開幕二軍スタート。その二軍では40試合で打率・340をマークするなど、史上2人目となる両リーグで首位打者に輝いたバットコントロールは健在のようだ。

2009年WBC時のバリバリ主力

 そこで、移籍先として浮上するのが巨人である。原辰徳監督(62)は内川を買っている。なんといっても「2009年WBC時の侍ジャパンメンバー」というのが大きい。

 原監督は先週23日に岩隈の引退会見に出席した際、「私を世界一の監督にしてもらった感謝は忘れません」と最敬礼だった。岩隈はこの大会でエースを務めた。侍ジャパンを率いて世界一となった原監督は、この時のメンバーを今でも特別視している。

 実際、当時の侍ジャパンのメンバーで、その後、原監督がFAなどで巨人に招き入れたのは、これまで5人。投手は杉内、岩隈、野手は村田、片岡、中島と片っ端からかき集めているのだ。

 FA組の杉内、村田、片岡のように戦力として獲得したケースのほかに、2年前に37歳だった岩隈、36歳だった中島のように“死に場所”を与えるといった意味合いの“友情”補強もある。

 ただし、巨人では中島がまだ健在。一塁や右の代打といったポジション、役割がかぶる。それでも内川は左翼も守れるだけに、中島より使い勝手は良さそうだ。他球団が尻込みしそうな38歳という年齢も、2年前にアラフォーの岩隈、中島の2人を同時に入団させた実績がある。

 巨人はソフトバンクの「発掘」「育成」「補強」というやり方を模倣し、チームの強化を図ろうとしている。三軍制などが典型だが、ソフトバンクの幹部候補生といわれた内川を入団させれば、昨年の日本シリーズで4タテを食らった強敵の内部情報やイズムを取り入れることができる。これは丸をFAで補強し、天敵だった広島を丸裸にしたのと同じ理屈である。