藤井五段64勝目指す 持ち帰れぬほどのチョコも

藤井五段64勝目指す 持ち帰れぬほどのチョコも

 将棋の第49期新人王戦1回戦、藤井聡太五段(15)対古森悠太四段(22)戦が14日、関西将棋会館で行われた。将棋界初の「中学生五段」に昇段した藤井がバレンタインデー対局で通算64勝目を目指す。この日までに関西将棋会館には藤井宛に「持ち帰れないほど」(日本将棋連盟)のチョコレートが届いた。13日から続々と、届きだし、同会館の事務局で段ボールに入れて保管している。

 同連盟は対局トラブルの防止するため、関西将棋会館の公式ツイッターで藤井ファンにチョコレートの手渡し自粛をお願いしていた。この日は藤井が同会館に到着しても、入り待ちをするファンはなく、スムーズに対局に臨んだ。

 藤井の直近10局の成績は9勝1敗。現在、8連勝中だ。振り駒の結果、藤井が先手に決まった。午前10時、お互いに深々と一礼し、対局を始めた。両者の対戦は初めて。持ち時間は各3時間。夕方には決着する見込み。

 藤井は17日には第11回朝日杯オープンの準決勝で羽生善治竜王(47)との大一番が控える。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索