マークル父代役はチャールズ皇太子、花嫁自ら直談判

 英王室のヘンリー王子(33)と米女優メーガン・マークル(36)の結婚式が、19日昼(日本時間同日夜)、ロンドン郊外ウィンザー城のセント・ジョージ教会で行われる。

 マークルの父が、「やらせ取材」や健康問題で式を欠席することを受け、英王室は18日、マークルの「花嫁の父」役を、王子の父チャールズ皇太子(69)が担うと発表した。ロイヤルウエディングでは、極めて異例な対応だが、マークルの直談判を受けた皇太子は、「こんな形であなたを王室に迎えられることになるとは光栄だ」と、快諾したという。

 王子とマークルは17日に、2人で教会に入り、最終的なリハーサルに臨んだ。18日は、マークルの肉親で唯一出席する母ドリアさんを伴い、エリザベス女王と面会した。(ロンドン=鈴木雅子通信員)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索