安倍首相「6年前の志変わらない」3選出馬強い意欲

安倍首相「6年前の志変わらない」3選出馬強い意欲

 安倍晋三首相は11日、山口県山口市で行われた自民党山口県連の会合で、自民党総裁選(9月7日告示、20日投開票予定)への3選出馬に、踏み込んだ表現で強い意欲を示した。

 第2次安倍政権の成果や今後取り組むさまざまな課題について約20分、触れた後で、「次の総裁選ですが、今日は出馬を前提に、話をさせていただいたところでございます」と、明言した。

 その上で、長州が生んだ幕末の偉人、吉田松陰の「志定まれば 機盛んなり」という言葉を引用しながら、「志が定まれば気力も充実し、しっかりとまたやり遂げることができるという意味だ。(総裁選に出馬した)6年前の志は、みじんも変わることはない」と訴えた。

 その上で、「志を支える気力、体力は十分なのか、自分に問いながら、最終的な判断をしていきたい」と述べ、正式な表明は持ち越した。「長州出身の政治家として正しい判断をし、皆さんといっしょに頑張っていきたい」と述べた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索