新型コロナウイルスによる肺炎で国内初の死者が出たことで、ヤフーは14日、約6500人の全社員に通勤ラッシュの時間帯を避けて出社するよう通達を出した。

ヤフーはフレックス制で、必ず働く「コアタイム」を午前10時〜午後3時に設定しているが、遅めに出勤できるよう、当面、正午〜午後3時にする。また、100人以上集まる会合は原則禁止にする。

一方、総合免税店のラオックスは中国からの訪日客が減少し、業績悪化が懸念されることから希望退職者140人を募集すると発表した。社員の約2割に相当する。対象は販売専門職と40歳以上で勤続2年以上の正社員、契約社員。週明け17日から3月6日まで募集し、退職は3月31日付。