安倍晋三首相は23日の参院予算委員会で、今夏の東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの延期を含めた判断のタイミングについて「なるべく早く判断した方がいいと思っている」と述べた。

最終判断は国際オリンピック委員会(IOC)が行うとした上で、答えた。

立憲民主党の福山哲郎議員は、時期だけでなく、大会の放映権や延期となった場合の会場確保など、さまざまな複雑な問題が絡むと指摘。これに対し、首相は「いま言われたような複雑な条件もあるのでしっかり(開催の是非を)検討していく。IOCとの対話も行っていく。IOCが判断することだが、東京都の考えもある。よく連携していきたい」と、東京都など各方面との連携を強調した。

福山氏は「総理の発言があり、(延期容認への)流れはできるのではないかと思う。私は責めてはない。仕方がないことだ」と、首相の判断を尊重する考えを伝えた。