英王室は25日、エリザベス女王(93)の長男で、王位継承順位1位のチャールズ皇太子(71)が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。

症状は軽く、健康状態も良好だという。

ロンドンでは感染が拡大しており、女王は19日、ロンドン郊外のウィンザー城に移動したばかり。女王や、皇太子のカミラ夫人もウイルス検査を受けたが、2人とも陰性だったとしている。

皇太子は今月9日、ウェストミンスター寺院での礼拝式に出席し、その際には他の王室ファミリーも出席した。皇太子はその後、12日まで公務を続けたが、現在は、英北部スコットランドのバルモラル城で、自主的に隔離している。

感染源は、まだ特定されていない。(ロンドン=鈴木雅子通信員)