東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)を運営するオリエンタルランドは29日、新型コロナウイルス対策を施した「新しい運営」の方法をTDLでスタッフをモデルにして報道陣に公開した。スタッフが演じる来場者役に「お帰りなさ〜い」との出迎える声が響いた。今年2月29日に一時休園してから、7月1日の123日ぶりの再開に向けた取り組み。

入場口での検温、列をつくる際にソーシャルディスタンスの確保できる目印、アトラクションの定員の半数以下に間引きした乗り方などが示された。

コロナ対策で園内でキャラクターとは触れあえないが、代わりに、シンデレラ城前のパレードルートでの人気キャラクターのあいさつが公開された。ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、グーフィー、プルートの「ビッグ5」がフロートに乗って大きく身ぶり手ぶりをすると、来場者役は足元に一定間隔でしるされた目印の上で、手を振り返していた。ちなみにキャラクターは誰もマスクはしていなかった。

ショップでは入り口と出口を各1カ所に限定し、入場人数を一定数で制限する。ショップ担当者は「その場で購入もできますが、不特定多数の方が触れるため、サンプルとして見ていただき、購入はオンラインをおすすめする」とした。現品購入の際も現金ではなく、クレジットカードなどの使用を推奨している。

場内スタッフは来場者とは1メートルの距離を保つことが基本だが、道案内などで接近する場合は、正対はせずに横に並んで接客するよう指導されているという。

【寺沢卓】

◆世界各国のディズニーランドの状況 ディズニーランドは世界6都市にある。日本のほかアジアでは中国の上海、香港、ヨーロッパはフランス・パリ、米国ではカリフォルニア州アナハイム、フロリダ州オーランド。休園は上海がもっとも早く1月25日で、翌26日に香港だった。再開は上海が5月11日、香港が今月18日。オーランドが7月11日、パリは同15日、そしてアナハイムは同17日を予定していたが、6月24日に再開について延期すると発表している。