中国で豚から、ヒトにも感染する新型インフルエンザウイルスが発見されたとの研究論文が、学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に掲載された。

中国の研究チームが、中国内で2011〜18年に行った豚の調査の中で、ヒトに感染し、パンデミック(世界的流行)になりうる特徴を持ったウイルスを発見。16年ごろから増えており、従事者らの血中でもウイルスの陽性が確認されているという。このウイルスはヒトの気道の細胞で増殖する。緊迫した状況ではないが、パンデミックになる可能性も踏まえて、中国の養豚関係者らに対する監視が必要だと指摘している。