将棋の第33期竜王戦挑戦者決定戦3番勝負第3局が19日、東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われ、羽生善治九段が丸山忠久九段(50)を午後9時31分、99手で下した。これで対戦成績を2勝1敗とし、挑戦権を獲得した。羽生の竜王戦登場は2年ぶり。2018年の第31期竜王戦で挑戦者の広瀬章人八段(33)に敗れ、27年ぶりに無冠になって以来のタイトル戦だ。現在タイトル通算獲得99期。100期目がかかる豊島将之竜王(30)との7番勝負第1局は10月9、10日、東京都渋谷区「セルリアンタワー能楽堂」で行われる。

   ◇   ◇   ◇

対局後に、羽生は同所で記者会見に応じた。

−第3局を振り返って

羽生 序盤から見通しが立たない手探りで、漠然としていた感じだった。1手ずつ丁寧に指して行こうと思いました。

−ペースをつかんだのは?

羽生 先手1一馬(79手目)と香を取って、先手2九香(83手目)と飛車取りの催促が利いて良くなったかなと。

−2年前の竜王戦に続いて、再度タイトル100期獲得がかかります

羽生 タイトル戦という舞台に参加できなければ、チャンスはない。挑戦者になれたのは良かった。まだ、終わったばかりで、これから開幕まで調整していいコンディションで迎えられたら。非常に大きな記録のかかるシリーズでもあるので、その舞台にふさわしい将棋を指したい。

−豊島竜王の印象は?

羽生 最新の形に精通していて、攻めても受けてもミスがない、力強い棋風と感じています。7番勝負で顔を合わせるのが楽しみです。

−今回、挑戦権を獲得できた要因は?

羽生 幸運だったと思う。機会を生かせてよかった。

−7番勝負を戦ううえでのポイントはどこ

羽生 2日制でも序盤にリードされると苦しいと思う。作戦面の準備が大事。

−27日で50歳になってタイトル戦に臨みます

羽生 50になって出られるのは、棋士として名誉なことと思っています。それに満足することなく、励みにして前に進んで行けたら。

−10代から30代で強い棋士が出てきました

羽生 同世代では久保さん(久保利明九段=45)が王座戦に挑戦しています。将棋は幅広い世代でできる競技。50代なりの将棋を指せれば。2年前にタイトルを失ってから、タイトル戦そのものに届くこともなかった。強い人もたくさんいます。目の前の1局を大事にしたいです。

−藤井聡太2冠の活躍は?

羽生 すでに大きな実績を残されています。藤井さんの棋譜は参考にしたり、勉強したりしています。

−22日には王将戦の挑戦者決定リーグ戦でも対戦します

羽生 そちらも気力を充実させて戦いたい

−タイトル戦から遠ざかって生活スタイルは変わりましたか

羽生 移動が少なくなって体調が楽になりました。ブランクがあるし、2日制はやってみないと分かりません

−自分の将棋に変化や工夫は

羽生 課題とか考えなくてはいけないことがたくさんありすぎ。最近の将棋を理解しているかは分かりませんが、後れを取らないように心掛けています。