阪神高山、母校明大で誓い「3割20本塁打目指す」

阪神高山、母校明大で誓い「3割20本塁打目指す」

 阪神高山俊外野手(23)が14日、明大の駿河台キャンパスで行われた昨年の東京6大学リーグ春秋連覇と明治神宮大会優勝を祝うパーティーに出席した。

 昨年は1年目でセ・リーグ新人王に輝き、最多勝の広島野村祐輔投手(27)とともに、同大学の名声を高めたとして野球部が制定する「駿台倶楽部賞」を受賞し、表彰された。「初めてのプロで、1年間試合をすることが大変だった。来年はまず全試合にスタメンで出ること。3割20本塁打を目指します」と宣言し、会場を沸かせた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

10時26分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索