巨人陽岱鋼が開幕1軍ピンチ、再び下半身の張り

巨人陽岱鋼が開幕1軍ピンチ、再び下半身の張り

 巨人陽岱鋼外野手(30)が19日、再び下半身の張りを訴え、開幕1軍入りがピンチになった。

 イースタン・リーグのヤクルト戦(ジャイアンツ球場)に1番中堅でスタメン出場。3打席の予定だったが、第1打席の空振り三振後に交代。「下半身ですね。昨日の試合後からいろいろあって今日の練習でも張りを感じていた。大事を取って交代にしてもらいました。もう1回同じ場所をやると長引いてしまうので」と説明した。

 これで開幕1軍に向けたプランの大幅修正を余儀なくされた。2月9日に下半身の張りを訴え、3軍で調整。31日の中日との開幕戦出場を見据えて慎重にリハビリの強度を上げていた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

17時42分更新

社会のニュースをもっと見る

15時07分更新

経済のニュースをもっと見る

16時14分更新

政治のニュースをもっと見る

17時07分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

15時46分更新

エンタメのニュースをもっと見る

14時34分更新

スポーツのニュースをもっと見る

16時22分更新

トレンドのニュースをもっと見る

14時57分更新

仕事術のニュースをもっと見る

17時00分更新

生活術のニュースをもっと見る

11時30分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索