オリックス7位飯田が右手の指2本骨折、長期離脱へ

オリックス7位飯田が右手の指2本骨折、長期離脱へ

 オリックスのドラフト7位ルーキー、飯田大祐捕手(26=ホンダ鈴鹿)が骨折していたことが19日、分かった。

 15日の春季教育リーグ広島戦(舞洲サブ)の打席で、バントの構えからバットを引いた際、投球が右手人さし指と中指に当たって2本とも骨折したようだ。1カ月間の固定が必要とみられ、長期離脱は必至。

 春季キャンプは1軍で奮闘していたが、今月からファーム合流していた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

16時39分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索