ヤクルト雄平が2点適時打で逆転「チャンスだった」

ヤクルト雄平が2点適時打で逆転「チャンスだった」

<ヤクルト8−3阪神>◇20日◇神宮

 ヤクルトが3回に逆転した。

 1点を追う中、制球の定まらない阪神先発藤浪を一気に攻め立てる。2四球と暴投で2死二、三塁とすると4番雄平外野手(32)が139キロのカットボールを思い切りたたき、一、二塁間を破る2点適時打で逆転。さらに次打者バレンティンが四球を選ぶと、6番今浪隆博内野手(32)が一塁線を破る2点適時三塁打を放ち、2点を追加した。

 雄平は「打ったのはカットボール。チャンスだったのでとにかく三振だけは避けて、食らいついていきました」とコメント。今浪は「打ったのはカットボール。今季初安打がタイムリーになって良かったです」と話した。

 3回でスコアは4−1。阪神先発の藤浪は4回途中3安打4失点、5四死球でマウンドを降りた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

16時19分更新

社会のニュースをもっと見る

15時59分更新

経済のニュースをもっと見る

14時27分更新

政治のニュースをもっと見る

13時30分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

15時24分更新

エンタメのニュースをもっと見る

15時26分更新

スポーツのニュースをもっと見る

16時13分更新

トレンドのニュースをもっと見る

10時39分更新

仕事術のニュースをもっと見る

16時10分更新

生活術のニュースをもっと見る

07時14分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索