阪神藤浪4回持たずKO「焦ったり余計なことを…」

阪神藤浪4回持たずKO「焦ったり余計なことを…」

<ヤクルト8−3阪神>◇20日◇神宮

 阪神藤浪晋太郎投手(23)が4回持たずにマウンドを降りた。

 立ち上がりは3人で投げ終え、2回2死一、二塁のピンチも切り抜けたが、3回は先頭の投手小川に四球。坂口、藤井を連続空振り三振に斬ったあとに山田に四球を出し、暴投で2死二、三塁とピンチを広げた。雄平に一、二塁間を破られる逆転の2点打を許し、さらに今浪にも右翼線へ2点適時三塁打を浴びた。4回、先頭の大引にまた四球を与えたところで、ベンチから香田投手コーチが出て、降板となった。

 今季最短となる3回0/3、4失点でマウンドを下り、自身の連勝が3でストップ。藤浪は「立ち上がりはよかったけれど、途中からバランスが悪くなり、タイミングが合わなくなった。戻さないといけなかったが、焦ったり、余計なことを考えてしまったりして…」と悔しそうに振り返った。

 チームは3連敗となった。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

11時01分更新

社会のニュースをもっと見る

10時54分更新

経済のニュースをもっと見る

09時55分更新

政治のニュースをもっと見る

10時14分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

09時06分更新

エンタメのニュースをもっと見る

09時34分更新

スポーツのニュースをもっと見る

10時43分更新

トレンドのニュースをもっと見る

10時39分更新

仕事術のニュースをもっと見る

16時10分更新

生活術のニュースをもっと見る

16時35分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索