高橋監督、井口の引退に「目標であこがれだった」

高橋監督、井口の引退に「目標であこがれだった」

 巨人高橋由伸監督(42)がロッテ井口の引退に思いをはせた。20日、ジャイアンツ球場での練習後に、慶大時代に日本代表でも僚友で1歳上のスラッガーについてコメントした。

 「大学時代からかわいがってもらい、ご飯に連れてもらったり、バットをもらったりした。東都のスーパースターで目標であこがれだった。1歳上だけど世代は同じだから」。

 自身も2年前に監督就任にあたり、引退を決断し、同世代も次々とユニホームを脱いでいる。「寂しい? そうだけど自然なこと。大家も引退するしね。稼頭央(松井)、上原、福浦、岩瀬さんは頑張っている。イチローさんは別格だね。井口さんは、まだ試合があるし、今シーズン残りを頑張って欲しい」とエールを送った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索