ロッテ酒居、右足つり自ら降板「内さんに任せよう」

ロッテ酒居、右足つり自ら降板「内さんに任せよう」

<楽天3−2ロッテ>◇4日◇コボスタ宮城

 ロッテが逆転サヨナラ負けを喫した。8回まで初先発のルーキー酒居知史投手(24=大阪ガス)が3安打1失点と好投。

 2−1と1点リードで9回に突入したが、9回から登板した抑えの内竜也投手(32)が阿部にサヨナラ打を浴びた。

 伊東監督は「痛すぎる負けです、初回の2点だけ。今年はずっと点が取れない」と、追加点が取れなかった打線を嘆いた。それでも酒居の好投には「ボールが低めに集まって、変化球も良かった。よく投げた、次につながる投球をしてくれた。楽しみです」と高い評価を与えていた。

 酒居は8回を終えて、投球数がちょうど100球だった。完投も狙える球数に、続投の打診も受けた。しかし、右足をつっていたため「内さんに任せよう」と、勝ち投手の権利を持ったまま降板を自ら選択した。初勝利を逃す結果にはなったが「しっかりファームでやってきたことを出せたと思う。真っすぐを中心にコースに強い球が決まった。継続していくことが初勝利につながると思う」と先を見据えた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索