阪神能見5回4失点降板 2被弾に連続失策で失点も

阪神能見5回4失点降板 2被弾に連続失策で失点も

<阪神6−5ヤクルト>◇6日◇京セラドーム大阪

 阪神先発能見篤史投手(38)が5回5安打4失点で降板した。

 2回には味方の連続失策で失点する不運もあったが、4回に3番バレンティンに23号ソロ、5番リベロに2号2ランを許した。

 能見は7月1日のヤクルト戦(甲子園)から勝ち星がなく、踏ん張りどころを迎えている。

 2番手には藤川がマウンドにあがった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索