中日若松、3カ月半ぶり先発も4回途中4失点

中日若松、3カ月半ぶり先発も4回途中4失点

<巨人4−5中日>◇6日◇東京ドーム

 中日若松駿太投手(22)が3カ月半ぶりに先発したが、7安打4失点(自責点1)で4回途中で降板した。

 1−0で迎えた4回、味方の失策をきっかけに逆転を許した。無死二、三塁から一塁手ビシエドの失策で同点に追いつかれた。続く無死一、三塁で巨人8番小林にスクイズを決められ勝ち越される。その後2死としたが、二、三塁からマギーに2点適時打を許し、この回だけで4点を失い交代を告げられた。「4回はボールが先行してしまい、苦し紛れの投球になってしまいました」。マウンドを降りた若松は、右手でベンチをたたいて悔しがった。

 4月22日DeNA戦(横浜)以来の1軍登板だった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索