工藤監督は経験なし…武田足つって緊急降板に複雑

工藤監督は経験なし…武田足つって緊急降板に複雑

<西武6−1ソフトバンク>◇6日◇メットライフドーム

 ソフトバンクが西武に敗れ後半戦初のカード負け越しとなった。先発武田が5回につかまった。浅村の投ゴロでの併殺崩れの間に勝ち越しを許すと、山川に8号3ランを浴びた。

 この回から右足ふくらはぎがつっていたが、渡辺の2球目を投げたところで緊急降板した。5回途中5失点は誤算だった。

 工藤公康監督(54)は「どうして(足が)つるのかなかなか答えを見つけるのは難しい。僕はつったことがないので」と話した。今季最初で最後の9連戦は6勝3敗で終わった。「トータルで考えると立派。選手はよくやってくれている」と、前向きにとらえた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索