阪神岩貞大炎上1イニング5四球、4回6失点で降板

阪神岩貞大炎上1イニング5四球、4回6失点で降板

<巨人6−1阪神>◇8日◇東京ドーム

 阪神岩貞祐太投手(25)が4回7安打6失点で降板した。3回には1イニングで5四球を許すなど、打者一巡の猛攻を浴び4失点。好調巨人打線を相手に大炎上してしまった。

 岩貞は7月2日ヤクルト戦(甲子園)以来、登板5戦連続で勝ち星がついていない。

 昨季は10勝をマークし、飛躍が期待された左腕だが、今季はここまで4勝。試合前までですでに、白星の2倍となる8敗を記録してしまっている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索