日本ハム大谷4カ月ぶり猛打賞 全力疾走内野安打も

日本ハム大谷4カ月ぶり猛打賞 全力疾走内野安打も

<楽天6−5日本ハム>◇9日◇Koboパーク宮城

 日本ハム大谷翔平投手(23)が、3安打2打点と奮闘した。

 2点を追う7回無死一、二塁で中前適時打を放ち、1点差に迫った。3安打は4月2日ロッテ戦以来、今季3度目。2打点は同5日ロッテ戦以来、2度目だった。

 先制点は全力疾走でもぎとった。1回2死三塁のチャンスで放ったのは詰まり気味の打球も、遊撃手阿部の送球が2バウンドする間に一塁への激走で適時内野安打とした。左太もも裏に不安が残る中、必死の走塁で先制点につなげた。「バットの先でしたけど、いいところに転がってくれました。(西川)遥輝さんが先頭で出てチャンスで回ってきたので、1点取れてよかったです」と話していた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索