阪神梅野が先制適時打「思い切って打ちにいった」

阪神梅野が先制適時打「思い切って打ちにいった」

<巨人5−2阪神>◇10日◇東京ドーム

 阪神梅野隆太郎捕手(26)が先制タイムリーを放った。2回1死一、三塁から巨人内海のカットボールを叩きつけて三遊間を破った。

 梅野は「先制のチャンスの打席でしたし、見逃せばボールだったかもしれませんが、思い切って打ちに行きました。ランナーを返すことができ先制することができて良かったです」と、コメントした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索