あと1本が出ずも工藤監督「チャンスは作れている」

あと1本が出ずも工藤監督「チャンスは作れている」

<ロッテ3−2ソフトバンク>◇18日◇ZOZOマリンスタジアム

 ソフトバンクが惜敗で2連敗となった。1点を追う9回、ロッテの守護神・内を攻めチャンスをつくったが、あと1本が出なかった。

 先頭の上林が安打し、甲斐が犠打で1死二塁。ここでこの日昇格したグラシアルを代打起用した。工藤監督は「状態がいいと聞いていた」。藤本打撃コーチも「2軍では無敵と聞いている」と期待して送り込まれたが空振り三振。中村晃が申告敬遠され2死一、二塁。ネクストサークルには好調の柳田が控えていたが、今宮が右飛に倒れ、試合終了となった。

 工藤監督は「チャンスは作れている。あとは失点を1点でも減らして、1点でも多く取れるように」と前を向いていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索