2試合欠場DeNA大和が決勝打「打ててうれしい」

2試合欠場DeNA大和が決勝打「打ててうれしい」

<日本生命セ・パ交流戦:ロッテ1−4DeNA>◇14日◇ZOZOマリン

 延長11回1死二、三塁から、DeNA大和内野手(30)が中前に決勝の2点適時打を放った。

 12日の試合前には、ZOZOマリンでの練習中に打撃練習中のボールが頭頸部(けいぶ)に直撃。救急車で搬送されて、前日13日まで2試合欠場していた。

 5回無死満塁の好機では浅い右飛に倒れ「チャンスの場面で凡打していたので、今回は何としても返したいと思い、打席に入りました。つないでチャンスをつくってくれていたので、打ててうれしい」と喜んだ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索