阪神上本が退院「悔しい思いと申し訳ない気持ち」

阪神上本が退院「悔しい思いと申し訳ない気持ち」

 阪神は15日、上本博紀内野手が大阪府内の病院にて「左膝前十字靱帯(じんたい)の再建術」および病院でのリハビリを終えて、退院したことを発表した。

 上本は球団を通じて「シーズン中の大事な時期にチームを離れることになり、悔しい思いとチームへの申し訳ない気持ちが強いです。少し時間はかかると思いますが、しっかりリハビリに取り組み、またチームに貢献できるように頑張っていきたいと思います」とコメントした。

 上本は、5月5日中日戦(甲子園)の走塁で、二塁ベースにスライディングした際に負傷。担架で運ばれて交代していた。

 春季キャンプは2軍スタートだったが、順調に状態をあげて開幕1軍入り。開幕から20試合に出場して、打率4割2分2厘と結果を残していた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索