オリックス宗佑磨が左手中指骨折、福良監督「痛い」

オリックス宗佑磨が左手中指骨折、福良監督「痛い」

 オリックス宗佑磨内野手(22)が14日、大阪・舞洲で行われた2軍の練習中に左手中指を骨折した。大阪市内の病院でエックス線検査を受けて左手第3指末骨骨折と診断された。今後は患部の様子を見ながら練習、リハビリを行う。

 報告を受けた福良監督は「痛いね。骨折は」と表情を曇らせた。

 プロ4年目の今季、内野から外野に抜てきされるなど頭角を現し、49試合に出場して打率2割1分1厘、1本塁打、9打点の成績を残している。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索