ヤクルト小川が闘志!巨人戦7連勝で川崎憲次郎超え

ヤクルト小川が闘志!巨人戦7連勝で川崎憲次郎超え

 ヤクルト小川泰弘投手が「巨人戦7連勝」達成への意欲を示した。

 13日、神宮外苑で行われた先発投手陣の練習に参加。先発予定の14日巨人戦(神宮)に向けて、犠打練習なども行って入念に備えた。

 小川は巨人戦6連勝中で、7連勝なら球団では98〜99年の川崎憲次郎以来の記録となる。「毎回思うことですが、カードの頭は大事な試合になる。絶対に勝つんだという強い意思のもと、マウンドに立ちたい。巨人戦への意識はあまりないけど、プロ入りする前から対戦したいチームはジャイアンツだった。そういうのもあって、負けたくない気持ちが強い。それがこういう結果(6連勝)になっている。引き続き、強い気持ちでぶつかっていければと思う。最後まで集中して自分の投球をしたい」と力を込めた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索