5年連続全試合出場中の鉄人、ソフトバンク松田宣浩内野手(36)がグアムでの自主トレを公開した。

松田宣の一問一答は以下の通り。

−14度目のグアムでの始動

松田宣 ここからが大事。新たな松田を出すためにグアムでスタートを切った。キャリアハイを更新できるような年にしたい。

−新スローガン「S15(サァイコー)!」について

松田宣 いいんじゃないですか。試合に出るときも誰もが「さあ行こう」と言うのでね。まあ、ぼく自身は「熱男」に勝てるスローガンはないと思っていますけど。

−今年は最多8人での自主トレ

松田宣 最初はどうなるかと思いましたが、みんなでやることでできる練習もあった。みんなこちらから声をかけたのではなく、来たいと言ってくれた。ありがたいこと。それぞれの選手にとっていい期間になってほしい。

−目標の数字は

松田宣 一番は3年連続30本塁打かな。(現在のチームメートは)誰も打っていない。打ちたいし、打つ準備、体の用意はできた。五輪も優勝も日本一も、30本がカギになると思う。

−五輪までのスタートダッシュが大事

松田宣 まずはそこを全力でいきたい。ホームラン数なんかで上位に入ってぐぐっといきたい。(五輪に)出る出ないでその後も変わってくる。そこまでいかに打てるかだと思う。