中日は15日、今季のサードユニホームになる「昇竜ユニホーム」を発表した。80年代後半から90年代にかけて使用したデザインを一部踏襲。

与田監督は昨年の就任以来、自身が在籍した同期間の“強竜”復活を口にしており、今回も「自分が現役だったころのイメージを取り入れてほしい」と要望し、特徴的だった赤文字の胸番号、キャップには筆記体の「D」マークが採用された。青を基調とし、デジタルのモザイクで90年代からの30年を濃淡で表現、前面と背面に舞い上がる2頭の竜をあしらった。

ナゴヤドームでのDeNA戦5試合限定(3月29日、5月24日、8月21〜23日)で着用する。モデル役を務めた新選手会長の京田は「強かった時代の波に乗りたい。どろどろにして、5試合とも勝てるようにしたい」と9年ぶりのV奪回へ気持ちを一新。デザインを見たドラフト1位石川昂弥内野手(18=東邦)も「格好いい。(3月29日に)着ていられるといいですね」とニヤリ。開幕直後に1軍にいる自分の姿を頭に描いていた。【伊東大介】