若手よ、野球博士になれ! 巨人菅野智之投手が16日、ジャイアンツ球場で自主トレを公開。ドラフト1位堀田賢慎投手(18=青森山田)ら新入団投手3人が見守る中エースの背中を見せ、奮起を求めた。「(自身を)早く超えてほしいですよね。そうだったらうれしいです。まぁでも、今のところ見当たらないですよね」とエールを送った。

「野球の会話をしてほしいですよね」。菅野の願いだ。主将の坂本と食事に行った際、たわいもない話をする一方で、一番時間を割くのは野球の話。「そういうところにヒントがある。くだらない話をするのもいいが、もっと野球に興味を持って。監督が『野球の博士になれ』って言ってますけど、本当にその通り」。質問はいつでもOK。門戸を開いて質問を待つ。

自身は内定済みの開幕戦に向け、順調に調整を進める。まずは春季キャンプ第1クールでのブルペン入りを目指す。「たくさん目標はありますけど、まずは目先の開幕にピークをもっていく。いい状態で開幕を迎えられたら、次の目標、また次の目標。今年は積み重ねのシーズンにしたい」。どこまでも目標達成を積み上げる。【久永壮真】